地中熱による室温管理|コストを削減できる地中熱利用の特徴を知ろう
地熱発電

コストを削減できる地中熱利用の特徴を知ろう

地中熱による室温管理

地熱発電

エネルギーを効率よく利用

地中熱を用いて、エネルギーを蓄える動きが活発になってきました。この地中熱とは地中の浅い部分に生じる熱のことで、太陽光によって蓄えられます。これがエネルギーとして利用できるようになり、地中熱利用はいろいろな分野で活用されています。温泉施設では昔から利用されてきましたが、最近では暖房や冷房を扱った地中熱利用が注目されています。地面を掘る工事をしてエネルギーを採取することにより、それを室内の温度管理に適用させていくというものです。これによって家全体の温度が快適な状態となり、セントラルヒーティングとしての役目が果たされます。地中熱利用は、地球の再生エネルギーの1つとして今後は更なる促進が期待されています。貴重なエネルギー源として、効率よく使っていく体制が整えられている段階です。

地中熱を得るための工事

地中熱はまずはその存在を地表から確認をしていき、適切な場所にボーリング工事を行っていきます。そして、熱交換用のチューブを挿入していくボアホール方式が一般的なやり方です。家の敷地内から行うことができ、欧米でもこの方法を取っているところが多いです。こういった方法により、採取したエネルギーは屋外に置ける専用の機械に取り込まれ、室内の暖房器具を通して適切な温度を保っていけるようになれます。外気の温度が、冬のマイナス10度から夏の30度の場合であっても、室内の温度は影響を受けずに負担のない温度が実現できます。地中熱利用のお蔭で電気代も抑えられ、地球にも優しい環境を目指していくこともできます。地中熱利用に興味がある場合は、まずはそれを扱う業者に相談をしてみて、納得できる方法で快適さを求めていくのが一番です。