男性

コストを削減できる地中熱利用の特徴を知ろう

地中熱による室温管理

地熱発電

自然を活かした再生エネルギーが注目されるようになり、地中熱もその1つとして促進されるようになってきました。地中熱利用は室内の温度管理を担う効果もあり、これによってセントラルヒーティングが実現できます。専門の業者によって地中を掘る工事が行われ、そこから熱を採取して室内に送り込むことができます。

もっと読む

エネルギーの新提案

一軒家

まだ認知度の低い地中熱利用ですが、ヒートポンプも性能が向上し、効率よく地中熱を利用できるようになっています。また、CO2をあまり出さないので環境にも良く、かさみがちな初期投資も長いスパンでペイできると予測されています。

もっと読む

ある特殊工事の基本概説

ヘルメット

世の中には住宅に関する特殊工事が行われていますが、その中でも注目されているのが地中熱利用の工事です。このシステムを活用するのであれば、事前に学んでおきたい知識があります。まず、地中熱は地熱とは原理が根本的に違うことを認識するべきでしょう。地熱は地球の内部から発生するエネルギーのことです。地熱の大半は元素の放射線崩壊から発生しています。それに対して、地中熱は地下の温度を利用し、熱エネルギーに変えます。地中熱と地熱は言葉は似ているものの、その意味は全く違うものとなります。また、地中熱を活用するシステムはヒートポンプを利用することを覚えておきましょう。ここでのポンプは熱の温度を上昇させる役目を持っています。このシステムは多くの住宅や工場などに利用されています。

地中熱利用には様々なメリットがいくつかありますが、まず一番のメリットはランニングコストが大幅に減ることです。従来のシステムでは、電力と二酸化炭素を多く利用しなければなりませんでした。しかし、地中熱利用ではそのコストが約40パーセントに減ります。また、省エネや環境保護にも役立てることもできます。そして、このシステムはどの場所でも利用可能と言う強みがあります。従来の太陽光発電や風力発電と違って、天候に左右されることはありません。つまり、四季問わずに安心して利用ができます。また、地震などの天災時にも早期復旧が可能である点も特筆すべきポイントでしょう。地震は地上の建造物に大きな被害を与えますが、地下の建造物には大した被害を与えません。そのおかげで地中熱利用システムは地震の際も早めに復旧できます。地中熱利用システムに興味を持ったなら、まずは工事を受け持ってくれる施工業者を探してみましょう。そして、その会社の展覧会などに見学に行き、どのようなシステムなのか、コストパフォーマンスはどの程度なのかという点を担当者の人と話してみることです。それによって、設置の具体的なイメージを掴めるでしょう。

これからのエネルギー

ヒートポンプシステム

普及が進みつつある地中熱利用ですが、どこでも利用可能なのが魅力です。省エネやCO2抑制など環境にも優しく、ランニングコストが安いことも人気の理由です。自治体によっては補助金もあるので、先々のことを考えたら導入するメリットは多いでしょう。

もっと読む